ロシア語のアルファベットの書き方や発音を知ろう

ロシア語のアルファベットの書き方って分かりますか?

ロシア語のアルファベットといわれても、ちんぷんかんぷんという人も少なくないと思います。

僕自身、今でこそロシア語に慣れ親しんでいますが、小学生の頃に初めてロシア語のアルファベット(キリル文字)を見た時は、奇異な印象を受けたものです。

キリル文字は、スラヴ語派を表記するのに用いられる表音文字の体系の一種です。

目次

・ロシア語のアルファベットの書き方を知ろう

・ロシア語のアルファベットは、全部でたったの33文字

1. ロシア語のアルファベットの書き方を知ろう

ロシア語にも英語のようにアルファベットがあります

ロシア語のアルファベットはどのように書くか、学習していきましょう。

以下、便宜的にカタカナ表記を用いてロシア語の音を説明します。カタカナはあくまでも、ロシア語の音を日本語の音に近似したものに過ぎないということを決して忘れないようにしてください。

ロシア語の音を正しく聞き取れるようになるまで繰り返し聞くことが、ロシア語学習の大前提となることは言うまでもありません。

■1.А(大文字)、а(小文字)

「アー」と読みます。英語のAと大文字、小文字ともに同じですが「エイ」とは発音しません。

■2.Б(大文字)、б(小文字)

「ベー」と読みます。英語のBに当たります。

■3.В(大文字)、в(小文字)

「ヴェー」と読みます。英語のVに当たります。Б、бと混同しないようにしましょう。

■4.Г(大文字)、г(小文字)

「ゲー」と読みます。rに似ていますが、英語でいうGを表します。

■5.Д(大文字)、д(小文字)

「デー」と読みます。英語でいうDです。筆記体だと小文字はgに似た形になります。

■6.Е(大文字)、е(小文字)

「イェー」と読みます。英語のように「イー」とは発音しないので、注意が必要です。

■7.Ё(大文字)、ё(小文字)

「ヨー」と読みます。ロシア語の入門書ではよく「オの前に短くィをつける感じ」と解説されています。

■8.Ж(大文字)、ж(小文字)

「ジェ」と読みます。英語のJに近いですが、もっと柔らかい感じで発音します。

■9.З(大文字)、з(小文字)

「ズェ」と読みます。英語ではZに当たる文字です。

■10.И(大文字)、и(小文字)

「イー」と読みます。英語のNに形が似ていますが、間違えないようにしましょう。

■11.Й(大文字)、й(小文字)

「イクラートカエ」と読みます。ロシア語の入門書ではよく「イとユを同時に発声する感じ」と解説されています。

■12.К(大文字)、к(小文字)

「カー」と読みます。強いて言えば、日本語のカ行の子音に近いかもしれません。

■13.Л(大文字)、л(小文字)

「エル」と読みます。「舌の先を前歯の付け根につけて、舌のすき間から息を吐き出します」などと解説されることが多いです。

■14.М(大文字)、м(小文字)

「エム」と読みます。マ行の子音に対応すると言えるでしょう。

■15.Н(大文字)、н(小文字)

「エヌ」と読みます。見た目はHですが、英語の子音Nに相当すると考えることができます。

■16.О(大文字)、о(小文字)

「オー」と読みます。「日本語のオと似ていますが、もう少し唇を丸め、前に突き出すような形で発音します」などと解説されることが多いです。

■17.П(大文字)、п(小文字)

「ペー」と読みます。パ行の子音に対応すると言えるでしょう。

■18.Р(大文字)、р(小文字)

「エル」と読みます。強いえて言えば「巻き舌でラ行を発音するような感じ」なのでしょうが、このような説明を鵜呑みにするのではなく、実際のロシア人の発音を「徹底的に」聴き込むことが大切です。

■19.С(大文字)、с(小文字)

「エス」と読みます。サ行の子音に対応すると言えるでしょう。

■20.Т(大文字)、т(小文字)

「テー」と読みます。タ行の子音に対応すると言えるでしょう。

■21.У(大文字)、у(小文字)

「ウー」と読みます。「日本語のウよりも、唇を丸めて前に突き出して発音します」などと解説されることが多いです。

■22.Ф(大文字)、ф(小文字)

「エフ」と読みます。「下唇の裏側に前歯をそっとつけ、息を吐き出すように発音します」などと解説されることが多いです。

■23.Х(大文字)、х(小文字)

「ハー」と読みます。強いて言えば「ハ行とカ行の中間の音」と言われていますが、実際のロシア人の発音を「徹底的に」聴き込むことが大切です。

■24.Ц(大文字)、ц(小文字)

「ツェ」と読みます。英語の子音「ts」に対応すると言えるでしょう。

■25.Ч(大文字)、ч(小文字)

「チェ」と読みます。日本語でいうチャ行に対応すると言えるでしょう。

■26.Ш(大文字)、ш(小文字)

「シャー」と読みます。英語の子音「sh」に近い印象を持つ人も多いかもしれません。

■27.Щ(大文字)、щ(小文字)

「シシャー」と読みます。「日本語のシャ、シ、シュに近い」などと解説されることが多いです。

■28.ъ(小文字)

いわゆる硬音符で、「トヴョールディーズナーク」と読みます。子音と母音を分けるための記号で、この記号そのものを発音することはありません。

■29.Ы(大文字)、ы(小文字)

「ウィ」と読みます。「イの口を作って、舌の先を引っ込め、舌の奥を盛り上がらせて「ゥイー」と発音します」などと解説されることが多いです。

■30.ь(小文字)

いわゆる軟音符で、「ミャーヒキーズナーク」と読みます。強いて言えば、この記号が後ろにつくと、短いィを伴うような発音になります。

■31.Э(大文字)、э(小文字)

「エ」と読みます。日本語のエの発音に近い印象を持つ人も多いかもしれません。

■32.Ю(大文字)、ю(小文字)

「ユー」と読みます。強いて言えば「日本語のユよりも唇を丸めて前に突き出すような感じで発音する」文字と表現できますが、実際のロシア人の発音を聴くことも大切です。

■33.Я(大文字)、я(小文字)

「ヤー」と読みます。日本語のヤの発音に近いと言えなくもありません。

2. ロシア語のアルファベットは、全部でたったの33文字

以上、ロシア語のアルファベットについて解説しました。

僕自身、ロシア語を学び始めた当時、これらのキリル文字に対する抵抗は全くありませんでした。英語のアルファベットに似ている文字も多いですし、そもそも全部で33文字しかありません。

ただし、僕自身がそうであったように、キリル文字の順番を覚えるのには多少時間がかかるかもしれません。キリル文字の順番が頭の中であやふやな状態だと、露和辞典を引く時に相当な苦労を強いられます。

英語のようなアルファベットの歌があればなあ・・・と思っていた矢先になんと発見しました!

多少アレンジされていますが、英語のアルファベットの歌と同様、きらきら星のメロディーを基本にしているので、覚えやすいと思います。

ロシア人の声で発音を学べる点も嬉しいですね。

この記事を読んでくださっている皆さんも、ぜひ楽しみながらロシア語のアルファベットをマスターしてみてください。

多言語学習の中村屋では、マンツーマンかつ1回限りで全てのメソッドをお教えします。
多言語の発音や聞き取りを進化させたいという方はぜひご検討ください。
お問合せ・ご相談はこちら
これからは英語の他に精通している言語が多ければ多いほど優位性と希少性が高まります。憧れのマルチリンガルへの第一歩を踏み出してみましょう!