英語のスピーキング力を上達させるのにおすすめの練習法

英語を読んだり書いたりすることはできても、話すのは苦手という人もいるかと思います。

英語を話す力をアップさせるにはどうすればいいのでしょうか? 

ここでは、英語を話せるようになるためのおすすめの練習方法やサイトを紹介します。

目次

・英語を話せるようになるための方法とは

・英語を話す力を鍛えるのにおすすめのサイト

 トマティスリスニングセンター東京

・英語を話す力をアップさせて、コミュニケーションを楽しもう

1. 英語を話せるようになるための方法とは

まず英語を話せるようになるためには、聞き取る能力を高めなくてはなりません

相手が何を言っているのか分からない状態で、話せるようになることはありません。

では、そもそもなぜ聞き取れないのか。

その理由としてもちろん、単語を知らない、英文法の基礎が分かっていないといったことも挙げられますが、母国語(多くの日本人にとっては日本語)のパスバンド(優先的に使われる周波数帯域)から離れていないことが最たるものでしょう。

そのため、英語の音を正確に認識できる耳作り(言い換えれば、英語の聴覚神経回路の構築)から始めましょう。

また、それ以前の問題として、世界にはさまざまなタイプの英語が存在します。イギリス英語、アメリカ英語、オーストラリア英語、カナダ英語、インド英語など、その多様性は枚挙に暇がありません。

そしてこれらの間には、パスバンド、エスノグラムといった聴覚神経学上のパラメータにおいて、相当な乖離が見られます。

もちろん、国際社会における英語の重要性が叫ばれる現代において、さまざまなタイプの英語に対応できるようになるのが理想ですが、これらを「英語」という一つの括りで捉えてしまうと、習得が中途半端に終わってしまう危険性があります。

例えば、発音とイントネーションの面において、イギリス英語の特徴とアメリカ英語の特徴が発現し、さらに母国語(日本語)の特徴が加わって、全体として非常に聞き取りにくい発話が形成されてしまう可能性があります。

東京弁と大阪弁と東北弁のどれともつかないようなイントネーションで延々と話されたら、聞き手が疲弊してしまうことは想像に難くないでしょう。

ですから「多言語学習の中村屋」では、受講者の方に、どのスタイルの英語を話すことを目指すのか、ということを最初に決めていただきます。

アメリカ英語を話したい人はアメリカ英語を話す練習に集中し、イギリス英語を話したい人はイギリス英語を話す練習に集中します。もちろん、アメリカ英語もイギリス英語も話したいという人は両方練習していただいて結構ですが、それぞれの音韻的特徴を区別できていない状態だと、聴覚器官・発声器官が混乱して、どっちつかずの英語になってしまう可能性があります。「多言語学習の中村屋」ではこのような混乱を防ぐ具体的な方法も併せてお伝えします。

また、オーストラリア人あるいはインド人のように英語を話したいという人もいるかもしれませんが、日本においては、これらの英語の音声素材はイギリス英語あるいはアメリカ英語のそれに比べて圧倒的に少ないです。

そういったことを加味すると、イギリス英語とアメリカ英語という二大選択肢に対してどのように向き合うのかというのが、現実的なところだと思います。

2. 英語を話す力を鍛えるのにおすすめのサイト

英語を話す基礎となる力をアップさせるためにおすすめのサイトを紹介します。

トマティスリスニングセンター東京

1993年に日本に上陸し、世界中でその効果が実証されているトマティスメソッドを受講できる数少ないセンターの一つです。

「聞く、話す、読む、書く…。わたしたちは、このように母国語を習得してきました。語学学習も同様、まずは「聴く」ことがスタートです。聴くということは、身体にインプットするということ。インプットが充分になされることで、適正なアウトプットが始まります。つまり、インプットがうまくいかないと、次のステップもつまずいてしまいます。トマティスメソッドは、その肝心かなめのインプット作業をサポートすることから始まります。

言語の基層となるのは、優先周波数、リズム、イントネーション、アクセントといった音楽的要素です。これらが身体に刻み込まれて土台になると、言語の4技能の習得が効率よく行われます。」

サイトより抜粋

また、「多言語学習の中村屋」では、このメソッドを受講した人にも、受講する余裕がない人にも、英語を話す力を劇的に高める数々の裏技をお伝えしています。

そして揺るぎない基礎が構築された暁には、各自の興味や必要性に応じて、英会話学校のプログラム、各種オンライン講座、英語圏への留学などを利用していただければと思います。

3. 英語を話す力をアップさせて、コミュニケーションを楽しもう

英語を話す力を向上させるために、知っておいた方がよい知識やサイトを紹介しました。

「読み書きはできるけど、スピーキングは苦手」という人は、従来の語学教育のあり方に疑問を投げかけるところから始めた方がよいかもしれません。

スピーキングを実践する前に聞き取りと発声の基礎をしっかりと固めることが大切です。

多言語学習の中村屋では、マンツーマンかつ1回限りで全てのメソッドをお教えします。
多言語の発音や聞き取りを進化させたいという方はぜひご検討ください。
お問合せ・ご相談はこちら
これからは英語の他に精通している言語が多ければ多いほど優位性と希少性が高まります。憧れのマルチリンガルへの第一歩を踏み出してみましょう!