初回カウンセリング(無料)受付中!

映画

映画

三つの鍵 ― イタリアの巨匠ナンニ・モレッティの最高傑作

ナンニ・モレッティ監督によるイタリアドラマ映画「三つの鍵」は、おそらく僕が今年観た中で最高の映画でしょう。モレッティは昔から僕の好きな監督でしたが、この作品は僕の期待に応えたたけでなく、モレッティがその輝かしい経歴を次の段階に引き上げたことを実感させるものでもありました。

映画

わたしは最悪。 ― 有楽町で映画鑑賞

わりと最近、東京有楽町にあるこぢんまりとした快適な映画館で「わたしは最悪。」というノルウェー映画を観ました。長い間、名古屋以外の場所で映画を観たことがなかったため、ポスターやチラシで埋め尽くされた円形のチケット売り場と、二つのシャンデリア風の照明器具に照らされた狭い通路が視界に入った瞬間、胸が高鳴りました。

映画

不思議な魅力が詰まったモノクロ映画

僕は筋金入りの映画ファンとして、この10年だけでも2000本以上の映画を観てきましたが、少し前にいい意味で衝撃を受けたこの「グンダ」というドキュメンタリー映画のような作品は観たことがありませんでした。この映画には、グンダという名前の雌豚とその子豚たち、二頭の牛、そして一本足の鶏の日常生活が描かれています。

映画

映画の中で見た懐かしい風景

先日名古屋で「天空の結婚式」というイタリアのコメディ映画を観ました。この映画は、ベルリンに住む二人のイタリア人男性の同性婚をテーマにしています。最初の場面にすごく見覚えがあったのですが、何故だか分かりませんでした。その後、その場面が2015年3月に僕がドイツ語の会話能力を向上させる目的で一週間ほど滞在していた地区で展開していることに気付きました。

PAGE TOP