選ばれる理由

選ばれる理由についてご紹介します。

30年以上に及ぶ試行錯誤の結果、編み出した独自のメソッド

自分自身、日本で生まれ育ち20歳になるまで外国に行ったこともありませんでしたし、長期留学の経験もありません。20歳になった時点で話せる言語は母国語である日本語だけでした。しかしながら語学に対する関心は人一倍強く、大学の教養課程でハインリヒ・シュリーマンの自叙伝を読んだのをきっかけに、第二外国語として選択していたドイツ語以外に、フランス語とスペイン語とイタリア語を独自に学び始めました。

しかしながら、語学における進歩は遅々たるもので、自分の才能のなさに辟易して落ち込むばかりでした。大人になってからバイリンガル、トライリンガル、マルチリンガルになる方法はないものかと言語習得のメカニズムについて独自に考察・研究を続けましたが、広大な迷路に迷い込んだ感覚しかありませんでした。

社会人になってからも暗中模索の日々が続きました。言語への関心は衰えることはなかったので学習を放棄することはありませんでしたが、膨大な時間を費やしている割には成果が上がっていないことに対して疑問を持つようになりました。その間、会話学校のコースを受講したり、言語交流団体のイベントに参加したり、海外に行く機会を増やしてネイティブの友人を作ったりしましたが、どれも決定だとはならず、自己嫌悪に陥るばかりでした。

そんな中でふとしたことがきっかけで、それまでに自分の言語学習に取り入れていなかった「あること」を実践し、それをどのようなタイミングでどれだけ実践すれば最大限の効果が得られるかという観点で改善に改善を重ねた結果、自分の脳が新しい言語に対してその扉を大きく開く感覚を得るに至りました。こうなると後は猪突猛進あるのみで、言語学習という行為が俄然楽しくなりました。

このような長年の試行錯誤によって得られた「気づき」を基に編み出した方法にしたがってコツコツと学習を進めてきたことにより、今では英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、オランダ語、スウェーデン語で、ネイティブの友人と楽しく談笑したり、メールのやり取りをしたり、字幕なしで外国映画を楽しんだり、これらの言語で夢を見たりすることができるようになりました。現在は大手企業様の技術文献・法律文献の翻訳ならびに個人のお客様の通訳で生計を立てています。そしてフィンランド語、中国語、韓国語、ポーランド語、チェコ語、ルーマニア語、現代ギリシア語、アラビア語など、上記以外の言語の習得にも果敢に挑戦しています。

新型コロナウイルスの世界的大流行によって仕事が激減し、厳しい生活を強いられている方々も少なくないと思います。このような不確実性に満ちた予測不能な時世にこそ、手に職をつけておけば、それを生涯にわたって強力な武器として活用することができます。

また、人間の脳が習得可能な言語の数には限界がありません。80歳になっても90歳になっても100歳になっても新しい言語に挑戦したり、既習の言語をブラッシュアップすることにより、痴呆とは無縁の人生を送ることができます。

英語に加えて複数の言語に精通している人材は稀少ですので、複数言語へのパスポートを手にすることは、あなたの人生において大きなアドバンテージとなることに疑いの余地はありません。「多言語学習の中村屋」ではその具体的な方法を余すことなくお伝えします。数々の失敗を経験したことによって言語学習の様々な側面における盲点や偏見や誤解を把握している自分だからこそ、お客様が多言語習得をライフワークとして輝かしい人生を送っていただくのをお手伝いできるという絶大な自信を持っています。

一期一会のサービス

「多言語学習の中村屋」が提供するサービスは一期一会型のサービスです。一見高額に思えるかもしれませんが、一回のセッションの中で必要な情報は全て出し惜しみせずに提供いたします。情報は質が重要であり、ボリュームがあれば良いというものではありません。真理と言うのはいつの時代もシンプルなものです。その真理をいかに「腑に落とす」かが明暗の分かれ目になります。

巷で行われている自己啓発系やノウハウ系のセミナーでは、様々なコースが設定されていたり、後日別の講座に勧誘されたりすることもしばしばですが、「多言語学習の中村屋」のサービスを受けていただいたお客様には、後日、より高額な講座に参加していただくこともありませんし、定期的に通っていただく必要もございません。

「多言語学習の中村屋」が説明させていただく言語習得の「本質」をお客様が理解された時点で、お客様は「何をすべきか」が明確になり、生涯にわたって楽しく多言語習得に取り組んでいけるに違いありません。言語学習に限った話ではありませんが、「迷いがある状態」で前進することは、ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるのと同じです。お客様のそういった「迷い」を取り除くことこそが「多言語学習の中村屋」の最大の使命であり、それが可能であると確信しております。

マンツーマンのセッション

完全個人セッションですので、お客様が置かれている状況やこれまでの学習歴などを勘案して、より具体的に突っ込んだ部分でアドバイスすることができます。

直接対面式なので、一方的な講義動画によるサービス提供とは異なり、こちらがお伝えする内容がダイレクトにお客様に伝わるといった効果が期待できます。

また、実践に結びつかない理論は全く無意味であると考えています。ですから「多言語学習の中村屋」のサービスを受講していただく際には実践・演習の時間をたっぷりと設けております。お客様には「新しい刺激に対する脳の受容感度が上がった状態」、「脳がその扉を開いた状態」、「新しい言語を学ぶことによる身体感覚の変化」を実際に体験していただきます。

質疑応答の時間も設けていますのでご安心ください。集団でのセッションの場合、他の受講者の手前「こんなことを質問するのは恥ずかしい」という気持ちから質問するのを躊躇してしまい、疑問が解消されないまま消化不良に終わってしまうケースもあります。「多言語学習の中村屋」のセッションでは、そのような心配は無用です。

なお、新型コロナウイルス感染防止という観点からも完全個人セッションという形式は有効であると考えております。感染が収束に向かうまでの間は、セッション開始前の手洗い、マスクの着用、ならびに部屋の換気を徹底しますので、ご安心ください。

お問合せ・ご相談はこちら
これからは英語の他に精通している言語が多ければ多いほど優位性と希少性が高まります。憧れのマルチリンガルへの第一歩を踏み出してみましょう!